バンドTシャツの着こなし3つのポイントとは!?【メンズ編】

ライブに行った際には物販コーナーでTシャツを必ず買う!

好きなアーティストだったら、とりあえずグッズ全部買う!

という方は結構多いと思います。

気づいたらタンスの中はバンドTシャツで埋め尽くされている・・・。

そんな経験ないですか?

だからと言ってパジャマ代わりに、というのも勿体無い。

バンドTシャツのおしゃれな着こなし術を3つのポイントにしぼってお伝えします!

スポンサーリンク


ポイント①:シンプルに1枚でさらっと着こなす

バンドT1

引用元:http://wear.jp/tkeigo803/7278140/

最近ではデザインにこだわったバンドTシャツも結構あります。

どれでも、という訳ではないですが、おしゃれなデザインのバンドTシャツは、普段使いでも

さらっと1枚で着てしまうのが定番。

バンドTシャツだと周りにバレないくらいさりげなく、かつ大胆に着てしまうのがポイントw

ポイント②:ボーダーTとの重ね着

バンドT2

引用元:http://wear.jp/258×2/7398652/

こちらも定番中の定番。

裾から少し見えるくらいがベスト。

注意点としては袖からはみ出てしまわないこと。

一気にダサくなってしまいます^^;

ポイント③:パーカーなどのインナーとして

バンドT3

引用元:http://wear.jp/hiroiki/7339501/

こちらは秋口~冬にかけて人気のスタイルです。

また、野外フェスの早朝や夜間は冷え込む場合があるので、

その際のファッションとしてもおすすめ。

最後に

いかがだったでしょうか?

今回は誰でも気軽にお試しいただけるよう、極力シンプルさにこだわって3つのポイントとしてお伝えしました。

バンドTシャツだから・・・と躊躇せず、堂々と着こなすことが重要です。

またアクセサリーとの相性も良いので、アレンジしてみてください。

この他にもアイデア次第で、バンドTシャツの着こなしは無限大です。

是非今日からライブ以外にも普段着として活用しちゃいましょう!


スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク