必見!インディーズバンドおすすめベスト3発表!

インディーズバンドって何?

インディーズとは、ある業種においてメジャー(大手)に属さず、独立性の高いもののこと。大手(メジャー)に対して中小のものをマイナーというが、そのマイナーの中でもメジャーと資本関係や人的交流などを深く持たず、系列化されていない独立性の高いものを指す。

wikipediaより引用

つまり、インディーズバンドとは、メジャーレーベル(大手レコード会社)に属さず、商業的に音楽活動を行うバンドのことを指します。

ここで、

「じゃあ、高校生とか大学生が適当(語弊がありますが。)にやってるバンドもインディーズバンドってこと?」

という疑問が出てきますよね?

ポイントとなるのは、「商業的」という部分。

つまり、本業、副業問わずバンドでお金を稼ぐ!という明確な目的があるバンドが「インディーズバンド」ということになります。

また、自分たちでインディーズレーベル(音楽会社)を立ち上げて活動を行う場合も、

レーベルは立ち上げないが、自分たちで手作りCDを販売するという、いわゆる「自主制作」スタイルも、

どちらもインディーズバンドなのです。

メジャーデビューってよく聞くけど・・・

○○がメジャーデビュー!ってよく耳にしませんか?

おそらく意味はイマイチ分かってないけど、なんとなく

「メジャーデビュー=CD発売かな?歌手としてデビューってことかな?」

って解釈してこれまで生きてこられた方、意外と多いんじゃないでしょうか。

実を言うと筆者も一昔前までそういう認識でした。

ですが、ここまで記事を読んでいただいた方はもうお分かりかと思いますが、

「メジャーデビュー」とは大手レーベルとの契約の元、CDを発売

というのがだいたいの意味合いになってきます。

大手レーベルというのは、例えば

・ソニー・ミュージックエンタテインメント

・ポニーキャニオン

・ジャニーズ・エンタテイメント

・エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ

etc…

正式名称は別として、ソニーとかポニーキャニオンとかジャニーズとかエイベックスとか略されているものが上記です。

少なくとも1つくらいは耳にしたことありますよね?

「インディーズ」と「メジャー」を理解しているだけでも、いつもの音楽も見え方が変わってくるはずですよ。

会話のネタにも是非どうぞ!

スポンサーリンク


マキシー的インディーズバンド おすすめTOP3

筆者が思う、インディーズバンドTOP3を発表いたします。

なかなか順位を決めにくいところですが、強引にランキング形式にしてみました。

第3位 ジャパハリネット

2004年にトイズファクトリーよりメジャーデビュー。

当時は「四国最強のバンド」とまでいわれておりましたが、人気絶頂の中2007年に突然の解散。

メンバー各自それぞれの道を歩んでいましたが、2015年10月に再結成。

今はLong Tail Childrenという地元のインディーズレーベルで地道に活動しております。

元メジャーバンドなので反則かもしれませんが、地元バンドへの愛ということで第3位へライクインw

第2位 マキシマムザホルモン

近年一気に認知度が上がり、オリコンチャートにも名を馳せるほどのバンドとなり、ご存知の方も多いはず。

メタルという一般ウケしにくいジャンルにもかかわらず、ここまで売れたという点で第2位とさせていただきます。

彼らも活動当初より「ミミカジル」という少し不気味なネーミングの自主レーベルで活動し続けています。

第1位 KEN YOKOYAMA

日本にメロコア文化を創り出したとも言える最強のバンド「Hi-STANDARD」のギタリストであり、

「PIZZA OF DEATH RECORDS」の代表取締役でもあるパンクロッカー。

生きる伝説と呼ぶに相応しいですね。

また自身がレーベルの代表ということもあってか、誰よりもインディーズシーンの未来を考えています。

音楽的にはもちろん、生き方や考え方も尊敬できるという点でも堂々の1位です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

是非「インディーズ」と「メジャー」の違いは覚えていただきたいです。

知らない人多いので自慢できますw

またインディーズは、メジャー契約による様々なシガラミから逃れたいというバンドも多いです。

つまり、より自由に音楽表現ができるということ=個性の強いバンドが多いということです。

この辺に注目しながらいろいろなバンドを見てみると新しい発見があって面白いですよ^^


スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク