カナブーンのアルバムはこれがおすすめ!

ここ数年で急成長を遂げたバンドの1つ、KANA-BOON。

最近ハマった人や最近知ったという方のために、ここでは筆者的おすすめのアルバムをご紹介していきます。

KANA-BOONとは?

KANA-BOON(読み方・カナブーン)とは日本のロックバンドで、

Vo.&Gt. 谷口鮪(たにぐち まぐろ)、Ba.&Cho. 飯田祐馬(めしだ ゆうま)、Gt.&Cho. 古賀隼斗(こが しゅんと)、Dr. 小泉貴裕(こいずみ たかひろ)

の4人で構成される。

2013年リリースのシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。

4つ打ちを得意とし、どの楽曲も非常にキャッチーで、一度聴いたらすぐに踊れる系バンド。

また、谷口鮪がほとんどの楽曲の作詞作曲を担当しており、歌詞は巧妙な言葉遊びで構成されていて面白い。

カナブンって昆虫?バンド名の由来とは?

WS000651

誰もが緑のあの昆虫を思い浮かべるであろう、少し奇妙なバンド名。

その由来は、結成当初にGt.の古賀と当時Ba.を担当していたメンバーが2chキャラの

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

にハマっていたらしいです。

そこで、Gt.古賀の案により昆虫のカナブンとかけ、「カナブーン」というネーミングに。

最終的にはローマ字表記での「KANA-BOON」になったようです。

なんとも適当な決め方に思えますが、実は結構バンド名って適当につけられていることが多いです。

(本人たちは、後々売れるということをあまり想定していないためw)

お時間ありましたら、自分の好きなバンドのルーツを探ってみるのも面白いですよ。

スポンサーリンク


おすすめのアルバムはこちら

お待たせしました!おすすめのアルバムはこちらです!

と言っても、まだまだ若手の彼ら。

メジャーデビュー後、現在までにリリースしているアルバムはたったの2枚・・・。

2分の1ではありますが、やはり1stアルバムがおすすめです。

WS000652

1st フルアルバム「DOPPEL」

収録曲

①1.2. step to you

②ワールド

③ウォーリーヒーロー

④MUSiC

⑤東京

⑥白夜

⑦目と目と目と目

⑧盛者必衰の理、お断り

⑨夜をこえて

⑩羽虫と自販機

⑪A.oh!!

メジャーデビューシングルの「盛者必衰の理、お断り」収録はもちろんのこと、

3曲目の「ウォーリーヒーロー」も非常に人気の高い楽曲です。

ノリのいい4つ打ちのキャッチーさでありながら、現代のスマホ依存の若者へ向けた強烈なメッセージが

込められた楽曲となってます。

PVの「とにかくスマホが手放せない若者たち」と、是非歌詞にも注目しながら聴いてみてくださいw



スポンサーリンク




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク