コーヒーで便秘解消!?効果的な3つの飲み方とは?

1日の始まりは一杯のコーヒーから。

そんな方も多いのではないでしょうか。

例に漏れず私もその一人です。

1日に何杯も飲んでしまうくらい大好きなコーヒーですが、

先日、コーヒーが便秘解消に効果的

という噂を耳にしました。

ここだけの話ですが・・・

私自身、便秘に悩まされています。

先ほどの噂が本当なら、

毎日コーヒーを飲んでいる私が便秘に悩まされるハズがない・・・w

そう思い調べてみると、

なんと飲み方によって効果が左右されることが分かりました。

そこで今回は、

便秘解消に効果的なコーヒーの飲み方

について記事にまとめていきます!

スポンサーリンク


そもそも便秘になる原因は?

まず、便秘にも種類があり、

原因がはっきりしているものと、

原因不明のものの2パターン存在します。

①食事の量や水分が不足している

広く知られている原因の一つがこれだと思います。

特に水分不足で、便が固くなり、

便通が悪くなるというのはイメージ湧きやすいですよね。

②ストレスや生活習慣の乱れによるもの

こちらは原因があいまいなパターンです。

ストレスが極端に蓄積されているときや、

不規則生活になっているときに、

便秘になる傾向があります。

これらの目に見えない原因で、

腸の働きが弱っていると考えられます。

便秘解消に効果的なコーヒーの飲み方はこの3パターン!

①ホットで飲む

東洋医学の中では、

コーヒーはお腹を冷やす飲み物とされています。

そのため、コーヒーはホットで飲む事をおすすめします

②ブラックよりもミルクを入れて飲む

乳製品には、腸の調子を整える働きがあると言われています。

ブラックで飲んでもいいですが、

ミルクを加えるだけで、

更なる便秘改善が期待できます。

③砂糖の代わりにオリゴ糖を入れる

オリゴ糖は腸の働きを活性化させるため、

便秘解消におすすめです。

また砂糖よりもカロリーが低いので、

ダイエット効果もあり、

まさに一石二鳥ですね。

↓ちなみに、こちらのオリゴ糖が便秘に効果的と人気です。

逆効果!?コーヒーが便秘の原因となる?

コーヒーは便秘解消に効果的ということが分かりましたが、

逆に、便秘を悪化させる場合もあります。

何杯もがぶ飲みしてしまう

コーヒーにはカフェインが含まれており、

カフェインには利尿作用があります

そのため、何杯もコーヒーを飲んでいると、

どんどん体の水分が失われていき、

便が固くなり、便秘になる場合があるのです。

コーヒーの成分であるクロロゲン酸の影響

コーヒーにはポリフェノールの1種である、

クロロゲン酸と呼ばれる成分が含まれています

先ほどの、がぶ飲みにも関係してくるのですが、

飲み過ぎると、このクロロゲン酸が、

腸に悪影響を及ぼし、

便秘を招きやすくなるようです。

スポンサーリンク


まとめ

便秘解消に効果的な

コーヒーの飲み方を紹介しましたが、

実際のところは、個人の体質にも左右されます。

効果的と言われる飲み方を実践しても、

なかなか効果が現れにくかったり、

逆に、毎日がぶ飲みしてても便通がよくなった

という人もいることでしょう。

何事も適度が一番です。

ご自身の体調を確認しながら、

まずは1日1杯のコーヒー生活はじめてみませんか?


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク