クリスマスソングの洋楽で定番といえば?筆者が自信を持っておすすめできる曲をまとめてみました

これからクリスマスに向けて、

パーティの準備などで

曲を用意しなければならないかもしれませんね。

そんなとき、特に洋楽でありがちなのが、

あれ?口ずさめるんだけど曲名が分からない・・・orz

というパターン。

私は結構ありますw

そこで今回は、

クリスマスソングの洋楽定番曲

をまとめました。

あなたが思い出せずに困っているあの曲も、

きっとこの中にあるハズです。

スポンサーリンク


Last Christmas/Wham!

勘違いされがちなタイトルですが、

「最後のクリスマス」ではなく、

昨年のクリスマス」という意味です。

なんだか寂しそうなタイトルですが、

その名のとおり、

昨年のクリスマスの失恋をズルズルと今年まで引きずる曲ですw

関連記事【クリスマスソングで洋楽といえばワム!実は他にもこんなヒット曲が!?

まあ歌詞の中で、

「来年こそは違う人に告白するんだ」

とありますが、

「今年じゃなくて、来年かよ!?」

とツッコミたくなる1曲ですね。

All I Want For Christmas Is You/Mariah Carey

マライアキャリーの超有名曲であり、

クリスマスシーズンに耳にする曲1位、2位を争う曲ですね。

先ほどラストクリスマスとは違い、

私がクリスマスに欲しいのは、あなただけよ」と

明るく恋する乙女の気持ちを歌い上げる、

アップテンポな曲ですね。

All I Want For Christmas Is You (SuperFestive!) (Shazam Version)

こちらは、なにかと世間をお騒がせの

ジャスティンビーバーとのデュエットバージョンです。

ジャスティンビーバー、綺麗な歌声なんですが、

音域が高くて、原曲キーで普通に歌えちゃってるんで、

男女デュエット特有の高音と低音のハーモニーがなくて、

個人的にイマイチだなーという感想です。

もうそれなら1人で全部歌っちゃいなよ?

普通にカバーとして出しちゃいなよ?

って感じですね。

HAPPY XMAS (War Is Over)/JOHN & YOKO THE PLASTIC ONO BAND with The Harlem Community Choir

ジョンレノンの名曲中の名曲です。

当時は平和を歌ったクリスマスソングとして

注目されました。

この曲を聴いていると、

本当に戦争や争いごとなど

バカらしくなってきますね。

White Christmas/Bing Crosby

昔のディズニー映画で流れてきそうな

落ち着いた雰囲気のクリスマスソングですね。

(この比喩伝わりますでしょうか?w)

Silent Night/Bing Crosby

「きよしこの夜」の原曲ですね。

おそらく誰でも知っているどころか、

音楽の教科書に出てくるレベルです。

合唱コンクールで歌われてそう・・・

という筆者の勝手なイメージw

Santa Claus Is Comin’ To Town (Audio)/Bruce Springsteen

こちらも世界中でいろんな人がカバーしすぎて、

誰が原曲なのかわからなくなっちゃうパターンですねw

個人的には女声のイメージが強いです。

Santa Claus Is Coming To Town (Arthur Christmas Version)/Justin Bieber

再び登場、ジャスティンビーバー。

意外とカバー曲もまあまあ出してるんですね。

歌が上手い人は何歌ってもサマになるから羨ましいですね。

欧米人にどんなにダサい服着させても

5割増でかっこよく着こなすのと似ていますw

Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!/Rod Stewart

タイトルにもなっている、

Let it snow」は

このまま雪を降らせておいて

という意味です。

最近だと某ディズニー映画の主題歌で、

「Let it go~♪れりごー♪」

って歌われてましたが、

Let it goは「ありのままで(行こう)」

という意味。

そう考えると

「Let it snow」=「このまま雪を降らせておいて」

というのも、しっくりきますね。

英語の意味はさておき、

この曲も、クリスマスシーズンになると、

街中や有線でよく流れていますね。

Whatever/Oasis

こちらはちょっと番外編。

クリスマスソングとは言い難いですが、

この曲はクリスマスシーズンに発売されたことから、

オアシス本拠地のイギリスでは、

クリスマスソングの1曲として浸透しているようです。

日本では某自動車のCMソングに起用され、

一気に有名になりました。

ちなみに、イギリスで

「I love オアシス!」

と言っても通じません。

正しくは、

「I love オエィシス!」ですw

スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたでしょうか。

おそらくどれも一度は聴いたことある、

もしくは勝手に口ずさんでしまうほど

耳に染みついているような曲ばかりだったと思います。

毎年必ずといっていいほど、

アーティストたちはクリスマスソングをリリースしてきますが、

それでもこれらの曲はいつまでも愛され続けています。

それだけいい曲だという証明でもありますね。

今年だけでなく、きっとまた来年のクリスマスにも

この記事がお役に立つことでしょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク